絶対大丈夫、と答えるわけにはいかないのですが、新築なら大丈夫とも言い切れません。81年以前のものはいわゆる「旧耐震」といわれるのですが、それが全部危ないかというとそうでもないです。平面計画や立面計画によっては、鉄筋の数が同じでも強さは違います。それは新築でも同じことです。築年数の古い旧耐震の木造戸建てでも、しっかり耐震補強をすれば、安心して暮らし続けることができます。ただし、何の知識もないままに耐震補強工事を始めてしまうと、費用面と施工面の両方で損をしやすいので注意が必要です。まずは、今のお住まいの耐震性を診断し、どのような対策が必要なのか洗い出しましょう。その上で、予算や専門業者と相談しながら耐震補強工事を行うことが大切です。耐震補強工事については素人ではわからないことが多々あるので、信頼できるリノベーション会社とよく相談しながら工事を進めていくことをおすすめいたします。